桂二乗のつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS あの味を…

<<   作成日時 : 2013/10/19 00:02   >>

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




ぐっと気温が下がってまいりました。

我が家では早々に冬用のお布団に交換いたしましたので、ぬくぬくといたしております。

「桂 ぬくぬく 二乗」です。皆様いかがお過ごしでしょうか?


さてご存じの方も多いでしょうが、小生は入門のお許し頂いてから修行の三年間は祇園の料理屋さん「いし田」でアルバイトをさせて頂いておりました。

「いし田」の大将は小生が入門させていただく、大きな大きな後押しと、バックアップをしてくださった方でございます。
大将がいなかったら噺家「桂二乗」は絶対に誕生いたしておりません。

いわば小生のもう一人の「師匠」でございます。

文章には表せないほどの大きな大きなご恩とお力添えを頂きましたが、小生は何の御恩返しも出来ないままに三年前の夏に「大将」は旅立たれました…。


本当に「感謝」しかございません。


少し湿っぽくなりましたが、

さて小生も「いし田」の大将の「弟子」でございます。三年間は祇園の料理屋さんで修行させていただきました。
(※注 しかしながら畑違いの噺家に料理を手伝わすなど決してございません。厨房はおろか包丁を持つなともっての外、大将はいつも「君は君の生きる道の範囲で修行しなさい」と仰っておられました。お運びと洗い物の三年間でした)

そんな三年間には数えきれない程の美味しいものや今まで口にしたことがないものを食べさせていただきました。
そして厨房でテキパキと料理される姿には無駄がなく、爪の先まで所作が本当に綺麗でございました。

そんな沢山の経験の中で忘れられない一品がございます。

それは「お茄子の田楽」です。

ふわふわのお茄子にやさしい甘味の玉味噌、口に入れた瞬間に人を幸せにする力を持っています。
噺家の中にもこの「いし田」の「茄子田楽」のファンは沢山おります。

先日、秋の恵みをたくさん頂いた中に大きなお茄子がおりました。このお茄子を観た時に「大将」とあの「茄子田楽」が頭をよぎりました。

もちろんレシピなど教えていただいておりませんが、小生と道は違えど一緒に修行した「仲間」が一心不乱にお味噌をかき混ぜていたのは今も鮮明に覚えております。



「あの味をもう一度…」

もちろん素人の小生に再現できる訳もございませんが、小生なりに「あの味」を感じることができました。

大将がお空で見てはったら仰るでしょう、



「君は君の生きる道の範囲で修行しなさい!」


画像




さて、小生の本業です。刻一刻と日が迫ってまいります、ほんとうによろしくお願いいたします。


「〜〜「丸十年」特別記念公演〜〜平成15年入門組落語会」

とき 2013年12月4日(水)

ところ 天満天神繁昌亭

じかん 開演 18時45分〜(開場18時15分) ※落語会ではあまりない変則的な時間ですのでご注意を…。


●出演●

「軽業」   森乃石松

「腕喰い」  笑福亭松五

中入り

「口上」

「景清」  桂二乗

「壺算」  桂鯛蔵


木戸銭 前売り・予約2000円 当日2500円 (自由席)

お問い合わせ・予約

チケット二乗
E−mail redcomet_k.nijyo@kch.biglobe.ne.jp
TEL   075−211-7584


画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

二乗の出演情報







あの味を… 桂二乗のつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる